理学療法士聖の最小限の努力で国試合格を目指す音楽生活

理学療法士の聖が音楽・生活に関する好きなことを好きなようにメモしています。

理学療法士・作業療法士 国家試験 『生理学』第1回

 おはこんばんわ!

どうも緑です。

 これから、国試勉強を始める人、実習の人がいると思います。様々な人がいると思いますが、学校の方針をちゃんと理解すること・先生の言っていることを鵜呑みにして行動することをしてみることが大切だと思います。

 

 自分の学校の合格率が50%切っているようであれば、ゆっくり考えてみる必要があると思います。そんなことはなかなかないと思います。そのため、模試結果がでなくても盲信して頑張りましょう!!

 僕の国試の対策方法を参考にしてみてください。

 

 

○第46回:午前62『生理学』

 ・正しいのはどれか。

1.腓腹筋の神経支配比は外眼筋より小さい

2.1つの運動単位に属する筋線維は同期して興奮する

3.γ運動ニューロンは運動単位の構成要素の1つである

4.遅筋の支配神経の径は速筋の支配神経線維よりも太い

5.大径の脊髄前角細胞は小径の細胞よりも弱い筋収縮力で収縮する

 

○解説

1. 神経支配比:1本の運動神経が何個の筋線維を支配していること

   筋の機能によって異なり、指や舌・眼球などの精密な動きをする筋では小さい

   力強い粗大運動をする大腿や体幹の筋では大きい

f:id:GreenArmy:20200414000820p:plain

https://www.sakaimed.co.jp/images/special/kinden/img/img01/photo_03_a.jpg

 スキル系は必要とする筋は運動単位を多くし細かな運動を可能にしています。

 パワー系は運動単位は関係なく神経支配比を多くし筋に呼びかける量を増やします。

 

2.運動単位とは、運動系の基本的単位(Muscle Unit)のことであり、前角細胞から出た運動神経は多数の筋線維を支配する。1つの運動単位に属するすべての筋線維群はすべて同期・活動する。

 

3.1つのα運動ニューロンとそれに支配されている筋線維群をまとめて運動単位という

f:id:GreenArmy:20200414001205p:plain

https://www.sakaimed.co.jp/images/special/kinden/img/img01/photo_01_a.jpg

 

4.遅筋の支配神経線維も径は、速筋の支配神経線維よりも細い

 

5.大径の脊髄前角細胞は小径の細胞よりも直径が大きいため、強い筋収縮力が必要となる。

 

f:id:GreenArmy:20200414000404p:plain

https://www.sakaimed.co.jp/images/special/kinden/img/img01/photo_04_a.jpg

○正解

2

 

○おすすめ音楽

 唾奇 / Walkin

 僕の尊敬しているラッパー唾奇です。

 七日後なんて皆わからない、明日を見ずに生きたいけど、過ちを起こさないように立ち止まらず歩こう

 目的のために立ち止まらない。なにかのためが増えていく毎日。自分のしたいことをやりたいだけ。笑顔だけが全部だったら人間の深味はでないと思います。

 そんな深味を体現・曲として昇華しています。聞いてください。

 

   ⇓⇓ポチッとな⇓⇓

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

 

理学療法士 国家試験 解剖学 第10回

 今回で10回になりました。次回より生理学の問題を解説していきたいと思います。

 

 

○第46回 午後54『解剖学』

 下肢の筋と支配神経の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ

1.中殿筋:下臀神経

2.縫工筋:閉鎖神経

3.膝窩筋:脛骨神経

4.後脛骨筋:総腓骨神経

5.短趾屈筋:内側足底神経

 

○解説

1.中殿筋:上殿神経(L4-S1)

2.縫工筋:大腿神経(L2.3)

3.膝窩筋:脛骨神経(L4-S1)

4.後脛骨筋:脛骨神経(L4-S1)

5.短趾屈筋:内側足底神経(L5.S1)

 

○文献

1)奈良勲・他:標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 解剖学,第2版,医学書院,2004,p259-273

 

○解答

3.5

 

○おすすめ音楽

 DJ HASEBE / ROOM VACATION feat. 唾奇 & おかもとえみ

 

こんな世情なんでお部屋休みしてください。

 

 

  ⇓⇓ポチッとな⇓⇓

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村